西小フォトギャラリー

 

熊谷西小学校

〒360-0018
熊谷市中央一丁目1番地
TEL 048-521-0016
FAX 048-520-2894
 

カウンタ

アクセスカウンター866437
「学習本位の教育」を受け継ぐ!
大正10年前後、大正デモクラシーの風潮が最も高揚し、全国的に新教育運動が活発化しました。その新教育実践の代表的な学校として、本校の前身である熊谷女子尋常高等小学校が埼玉県教育史の中で紹介されています。
 大正15年には、当時の職員により「学習本位の教育」(B5判謄写版刷り600頁)が刊行されています。時を経て、平成23年度本校職員がこの本を復刻増刷しました。本校職員は、この「学習本位の教育」を手元に置き、先輩の先生方から示唆を与えていただくことにしました。 

「西校教育は健全なり」を受け継ぐ!
昭和20年8月14日の熊谷大空襲で熊谷西小学校は全焼し、貴重な書類・資料等は焼失しました。次の日には「西校は校舎を焼失しましたが、西校教育は健全なり」と学区内に貼り紙を出し、8月21日に全校児童招集を伝えました。
 当時の職員・保護者・地域の西校教育に対する思い・気概には改めて敬服させられます。
 
熊谷西小学校のホームページQRコードです。

携帯電話用ページも同じページとなります。
画面サイズによっては見にくい場合もございますがご了承下さい。
 
 熊谷西小学校 学校経営方針
 

経営方針

・職員一人一人が「守・破・離」の考え方をもとに、特性と創造性を発揮し、組織的な活動を通して学校教育目標の具現化(知・徳・体の調和のバランスのとれた教育活動の推進)を目指す。
・学校・家庭・地域が一体となって校風・家風をつくり、21世紀を健全に生きる西小児童の育成を目指す。
・西校教育145年の伝統を継承し、教育の不易と流行を見極め、さらに発展させる。

「規矩作法 守りつくして 破るとも 離るるとても 本を忘るな」(利休百首より)
 

  お茶の規則や作法をよく守ること。そして、次は臨機応変にこれを破り、さらに、そこから離れることだ。そのためには、本である規則や作法を忘れてはならない。  

 
「守・破・離」とは
「守」…師に教えられたことを正しく守りつつ修行し、それをしっかりと身に付けること。
「破」…師に教えられしっかり身に付けたことを自らの特性に合うように修行し、自らの境地を見つけること。
「離」…「守・破」の段階を通過し、何物にもとらわれない境地になること。
                                          

 

目指す学校

家庭・地域と手を携えて、児童が「未来と勝負する」学校
① 学び合う学校       
② 笑顔があふれる学校
③ 安全・安心な学校
④ 明るくきれいな学校
 

校訓

「にこにこ」 「はっきり」 「しっかり」 「まごころ」
 

学校教育目標

確かな学力を身に付け、心豊かにたくましく生きる児童の育成
(知・徳・体のバランスのとれた教育活動の推進)
 

目指す児童像

自ら学ぶ子     (知)
思いやりのある子 (徳)
きたえる子     (体)
 

目指す教師像

一番身近な大人として児童の手本となる

① 児童とともに歩む教師
② 自ら学ぶ教師
③ 責任感の強い教師       
④ 感性豊かな教師
⑤ 先見性のある教師